海外ドラマ ミステリーバス シーズン1 究極の犠牲 狂気の3兄弟 毒筆 感想 ダイスで決める人生

ミステリー・バス 究極の犠牲 狂気の3兄弟 毒筆
原題: BLOODRIDE
日本公開:Netflix配信
上映時間:各話30分前後

こんな人にオススメ!

世にも奇妙な物語が好きな人!
短編ホラーが好きな人!
人間の狂気が好きな人!

究極の犠牲

ストーリー
引っ越してきた家族。隣人は動物を異様に可愛がっている。
そして家の補修を人を呼んで手伝うと言う、するとたくさんの人がやってくる、みんなそれぞれ動物を可愛がっている。それを不審に思う妻。
森でジョギングしていると動物を石の上で殺しているのを見掛ける。
話を聞くとその石はヴァイキングの石で動物を生贄に捧げると代わりにお金が手に入ると言われる。
家に居たネズミを捕えて殺すが宝くじは当たらず文句を言いに行くと愛情を込めた分だけ手に入ると言われる。
愛犬のボルトを生贄に捧げる妻。しかしそこまで大きな額にならない。
旦那を石の所に連れていき事情を話す。そしてナイフで突き刺そうとする。
それを見た娘は石で殴り父親を助ける。石に倒れる母親。
月日は流れ会社の社長になっている娘。母を亡くした1年後父親が消息不明になっていると話す。END

感想
隣人こええよ!大人数で補修手伝うとかこええよ。
距離感考えて!でも田舎だとこういうもんなのかも・・・
そしてヴァイキングの石すごい!一度始めるとエスカレートするから気を付けてと助言を貰っても当然の如くエスカレートしてく奥さん!人間の本能ですね。わんちゃん可哀想。。。
最後は思ってたより賞金貰えなくて旦那に不満あったしもう殺しちゃえってなったんでしょうね~。
人間って怖い!そして奥さんが死に大金を得て仕組みを知った娘が父親も殺して大金持ちになる流れは読めていたけどやっぱ恐ろしいですね。
第1話目でも濃厚な海外版世にも奇妙な物語でした!

狂気の3兄弟

ストーリー
精神科に3年入院したエリックは家に帰ってくる。そこに兄弟のゲオルグとオットーが訪ねてくる。
山小屋に遊びに行くと途中でガソリンスタンドに寄りヒッチハイクの女性を拾う。一緒に山小屋で飲んでいるとプロの心理学者になりたいという女性はエリックを診断しようとする。父親の死因を聞くとはぐらかすエリック。そこへオットーが割込みエリックが父親を殺したと話し出す。帰りたいと言う女性を襲うオットー。誰を庇って自供したんだとゲオルグは言い止めようとするエリックの頭を殴る。縛り付けた女性をゲオルグの命令でオットーが刺す。
母親がガソリンスタンドの店員に話を聞き山小屋へやってくる。
エリックにあなたに兄弟はいないと言い部屋を見ると縛り付けられていたのはボードだった。父親は誰も殺していないと言われうな垂れるエリック。
帰りのガソリンスタンドで母親を待っていると兄弟の幻覚が見える。給油中の女性に火を付ける。END

感想
ハチャメチャ!兄二人やべえよ、特にオットーがやらかしそうな雰囲気凄い!音楽聞きながら半裸になり踊っているけど病気のワードが出たら音楽を止めて詰め寄るシーン、なんでこんな奴らの車に乗っちゃったんや。。。そう思ってたら母親がやってきて兄弟がいないと判明!
女の子もおらず全部妄想!これどこから妄想なんだろう、病院に居たって言うのも妄想の一部なのかな?
もし退院したばかりとかだったらあの状態の息子を一人で残したりしないと思うから父親が死んで少しおかしくなったくらいの認識だったのかもしれませんね。
シンプルかつ狂気が見れて面白いお話でした!

毒筆

ストーリー
明るいテンションでルームメイトと会話するオリヴィア。
講習を受けに行くとアレックスと知り合う。シェアハウスに戻ると部屋の隙間からルームメイト3人がオリヴィアを殺して埋めようと相談しているのが聞こえてくる。キッチンで囲まれていると恋人のマルケスが入ってくる。
隙を見て沸騰したお湯を3人にかけて家を飛び出す。マルケスが追ってくるが顔に車のキーを突き刺す。
通りがかった車に助けてもらうと運転していたのはアレックスだった。警察署まで送ってもらい降りる時にカバンから資料が落ちてしまう。慌てて拾って警察署に入り順番を待っていると外に3人が居る事に気づく。
逃げようと外に出ると転んでカバンの資料をぶちまけてしまう、拾い上げると資料と一緒にアレックスが書いた文が入っている、そこには今までの自分の行動などの物語が書かれていた。アレックスの車はまだ動いていない。
そこでオリヴィアもノートパソコンでアレックスの運命を描きだす。
手を怪物に食わせて電話を掛ける。するとそれは現実に起こる。
車に行きアレックスに話を聞く。ハッピーエンドにする予定だったと言うとオリヴィアはアレックスの手を治し寿司屋に行く約束をする。
寿司屋で話していると店内の刀が1本無くなっていることに気づく。
アレックスはこの物語も誰かの書いたものじゃないかと言うとマルケスが刀をもって現れアレックスを刺す、講師の女をママと呼びオリヴィアも刺す。
講師の女は「クソ女に死を」と言い笑う。
それも物語で書いていた女性の元にマルケスとオリヴィアがやってくる。
オリヴィアにハグする時に肉焼き棒を突き刺す。投稿を消すが何も消えない。END

感想
3話まで見て1番面白いお話でした!
めちゃんこポジティブっぽい女の子が自分を殺す話をしてる所に居合わせて逃げる!しかしそれはアレックスの書いた物語だった!
オリヴィアが物語を描きアレックスを止めるが更にそれも含めて物語の1部だったと言うお話!
息子のマルケス大好きな母親が気に入らないオリヴィアを懲らしめたい為に描いた物語!書き終えた後だったので現実と空想が区別付かなくなってしまったんでしょうね~。
そんなにオリヴィアが嫌いだったのか、それとも息子が好きすぎて誰にも渡さないって状態だったのか。人間の想いとは恐ろしいですね。

原作制作・キャスト

原作・制作
Kjetil Indregard、アトレ・クヌッセン
キャスト
アイネ・マリー・ウィルマン
ビョルナル・テイゲン
エマ・スペタレン・マグヌソン

他の回はこちらです。

他の映画や海外ドラマの感想はこちらです。
映画・海外ドラマ一覧表

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*