海外ドラマ オザークへようこそ/Ozark シーズン3 全話まとめ 感想 ダイスで決める人生

オザークへようこそ S3 全話まとめ
原題:Ozark
日本公開:2020年3月27日Netflix配信
上映時間:50分前後

あらすじ

全てを懸けろ。 立ち上げたばかりのミズーリ・ベル・カジノを取り巻く緊張が高まる中、これまで以上に危険な賭けに出るバード家。順調に拡大する資金洗浄ビジネスと家族の身の安全をめぐり、マーティとウェンディはすれ違っていく。

こんな人にオススメ!

カルテル絡みの作品が好きな人!
生き残るための心理戦が好きな人!
資金洗浄に興味がある人!

ストーリーまとめ

前シーズンで船上カジノをオープンさせる事に成功させたバード夫妻。
今シーズンは船上カジノで資金洗浄を行うがFBIが常駐し資産管理を監視しだしてしまう。カジノでの洗浄が大々的に出来なくなり他の船上カジノやホテルを買収して商売の幅を広げようと画策するがそこにバード夫妻の夫婦喧嘩が原因で商売も怪しくなってしまう。更にそこにウェンディの弟で双極性障害を持つベンがオザークにやってくる。

ウェンディはヘレンを介さず組織のボスであるナバロと連絡を取り合い始める。不審に思ったマーティは電話を盗聴し始める。そしてウェンディの計画を邪魔し続けるマーティを組織は拉致してナバロの元へ連れていかれ監禁されてしまう。

監禁から解放されてFBIを抱き込もうとしていると敵対カルテルの襲撃で運送業のギャング達が殺されてしまう。そして友達を失ったジュニアがルースを病院送りにする。その頃ナバロの親族達が洗礼を受けている所に敵対カルテルが襲撃して皆殺しにされてしまう、それを配信で見ていたナバロは敵対カルテルへの攻撃を行うと同時にウェンディの事業に問題を起こさせてしまう。

ルースが病院送りにされた結果、薬を飲んでいないベンの気性が徐々に荒くなってしまう。そしてバーで飲んでる時に男を一人ボコボコにして捕まってしまう、ウェンディの計らいで精神病院へ入れるよう要請する。
そんな時ルースの兄と付き合っているダーリーンがウェンディ達を潰そうと動き出す。

ダーリーンは警察署長とのコネでベンを病院から出させる。
怒り狂うベンはヘレンの家に行き事情を隠していた娘の目の前でカルテルの人間だとバラす。ウェンディがベンを逃がそうと車を走らせる。しかしベンはウェンディに黙って警察を呼んだり電話を買ってヘレンに電話したりどうにもできないと悟ってしまう。マーティと泣きながら電話するウェンディ。火葬されるベン。

ベンを亡くしたルースを身内に付けようとダーリーンは猟銃でジュニアの股間を撃ち抜き父親のギャングのボスにケシの栽培の商売を手伝えと言いに行く。
そしてヘレンはバード夫妻を排除してカジノ運営を乗っ取ろうと動き出す。それを察知したウェンディはナバロに電話しFBIに敵対カルテルを攻撃させる計画を話す。
マーティ、ウェンディ、ヘレンはナバロに呼び出される。
車でナバロの屋敷に着くとヘレンは頭を撃ち抜かれる。ナバロはこれで今日が我々のスタートだと言い呆然とする二人を抱きしめる。
シーズンEND

ネタバレあり感想

面白い!!シーズン3全話通して面白く見れました!
終わり方もこの作品は毎回衝撃的ですよね。次シーズンが早く見たくなる!!

バード夫妻。
マーティに黙ってルースの父親を殺させたウェンディと方針の違いから夫婦間に亀裂が生まれ問題が増えていく。そんなことしてる場合じゃないだろうと思うんですがお互いが家族が生き残るためにベストだと思う事を貫いた結果なので分かり合えないんですよね。
でもナバロまで介入しちゃうくらい事業に支障が出ちゃうのはまずいでしょ!
夫婦カウンセラーをお互い買収し出したのは面白かったですね。その結果死なせることになっちゃいましたけどね。この夫婦他人の死を軽く見始めてる感じがしますね。

ウェンディの弟ベン。
演じるのは海外ドラマBansheeのカート役だったりアイアン・フィストのお兄ちゃんウォード役で出てたり最近色々出てるなって思う俳優さんです!
前住んでた場所で起訴されてるから逃げてきたベン。最初の学校での一件からやべえやつだなって思ってたらウェンディの弟でびっくり!最初それならこれはもう荒れる要素しかないじゃんって感じでしたけど、当然の如く荒れましたね!
ジョナにとっては色んな事を教えてくれる楽しい叔父さんって感じで良かったんですけどね。ウェンディ達の事業を知ってしまい資金洗浄に加わろうとしたりする困らせる。双極性障害を持ってるけど基本的には良い人なんでしょうね。
資金洗浄に加わるのも最後自分からヘレンに連絡しようとするのもウェンディを助けるためなんでしょうね。自分の過ちに向き合った結果の行いだと思いました。

FBI。
FBIの女性捜査官が妊娠中&正義感溢れるTHE正義の人!
妊娠中にこんなとこ来て大丈夫なの?!って感じですが仕事熱心なんですかね。
マーティに正義の人なのを逆に利用しようと画策されてしまう。
正義の人過ぎてマーティに過去の事件の証拠を渡されても受け取るのを拒否する。証拠受け取らないことを知って上司に逆に怒られてしまうんですけどねw
この闇が蠢く世界で唯一の希望の星っぽい気がしますね。
今までのFBIが異常だったのもあるから余計そう見えるのかもしれませんね。
次シーズンではキーになりそうなキャラクターです!

ダーリーン。
留守にしてる家を転々として捕まってしまうルースのお兄ちゃんに保釈金を払い出してあげる。そしてその内に付き合い始める魔女のような存在。
ルースのお兄ちゃん的には母親的な優しさが嬉しかったんでしょうね。
弟やルースはダーリーンの家に居ると聞いて怪訝な顔しちゃう、うん、それが正常だよ!ってなりましたね。
ウェンディと敵対してる上にマーティが手を切った運送業のギャングと手を組み、ケシの販売も開始するつもりのようなので次シーズン荒れに荒れそうな予感がします。
ルースのお兄ちゃんと付き合ってるからルースも家族判定で身内に引き込みたいからジュニアの股間を撃ち抜いたんでしょうね。
ジュニアはずっとベンにボコボコにされるのかなって思ってたんですけどダーリーンが手を下しましたね。普段の行いからも自業自得ですけどね!
それにしてもジュニアは生きているのかな。あの父親の感じだと生きてはいそうな気がしますね。
オザークって場所でのダーリーンの影響力はやっぱりすごいですね。カルテルと本格的に仕事するバード夫妻とケシ販売での揉め事で巻き込まれてグチャグチャな展開になりそうな予感!

ヘレン。
シーズン冒頭で拷問されてるヘレン。もしかしたら最初からナバロカルテルの立ち位置的に怪しかったのかもしれませんね。
娘と息子を守るためにカルテルとの仕事を隠している。これはバード夫妻と真逆ですよね。バード夫妻の場合隠し通せないってのもあったかもしれませんけどね。ヘレンも結構やばい考え方持ってますよね。旦那と子供の親権を争っていて娘の件で怒ったヘレンは旦那を襲わせてましたしね。
旦那はヘレンの仕事全然知らないっぽいですね、全く干渉してなかったのかな。
だからこそ親権争いの状態になっちゃったんですかね~。
シーズン半ばまではウェンディと一緒に交渉に行ったりする優秀な女性だったんですが、マーティの妨害やベンの一件があってバード夫妻は不要と判断して独自でカジノの運営権を手に入れようとする、その結果ナバロの采配で始末されちゃうんですよね。
車から降りて特に話さず頭を撃ち抜かれる。衝撃的な流れ過ぎてびっくりしました。次シーズンはカルテルの人間の手伝いは一切ないのかな?弁護士は普通に必要な要素だと思うんですけど何とかするのかな。それとももう交渉系の流れは存在せずドロドロの展開になるのかな。

最終話終盤でジョナがヘレンを脅した後、猟銃を片手に家に居た時に物音がして外に向かって撃っていましたけど誰か居たのかな。
居そうな人間はシャーロットかFBIの女性捜査官だと思うんですけど。どちらであってもジョナ的に絶望なので何もなかったパターンにしてほしいですね。。。

次シーズンは展開やシーズン終盤でのフラグがどう動いていくのか全く読めなくてワクワク感が凄まじいですね!早く次のシーズンが見たいです!
オザークへようこそシーズン3はとても面白く見れました!!

監督・キャスト

原作・制作
ビル・ドゥビューク、マーク・ウィリアムズ
キャスト
マーティ:ジェイソン・ベイトマン
ウェンディ:ローラ・リニー
シャーロット:ソフィア・ハブリッツ
ジョナ:スカイラー・ゲルトナー
ルース:ジュリア・ガーナー
ベン:トム・ペルフリー
ダーリーン:リサ・エメリー
ジュニア:ジョセフ・シコラ
ヘレン:ジャネット・マクティア
ナバロ:フェリックス・ソリス

他の映画や海外ドラマの感想はこちらです。
映画・海外ドラマ一覧表

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*