映画 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版 感想 ダイスで決める人生

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版
日本公開:2014年5月3日
上映時間:80分

あらすじ

ディレクター工藤の元に届いた投稿者からの映像。そこに映っていたのは、ネット界隈で話題騒然の“タタリ村”足を踏み入れた者は、全員発狂し、その姿を消してしまうという取材班は、その真相を確かめるべく調査に向かう。果たして、山奥の廃村に隠された恐るべき真実とは?!

こんな人にオススメ!

モキュメンタリーホラーが好きな人!
コワすぎシリーズが好きな人!
タタリ村に興味がある人!

ストーリー

工藤達は車を走らせている。
宇龍院が急に何か来るぞと言うとブレーキが利かなくなる。
危険だぞ覚悟していけと告げる。

3日前、会社で自己紹介をしている。
アイドルでコラムニストの小明。
物理学者の斎藤。
浄霊師の宇龍院。
この3人を連れてタタリ村へ向かうようだ。

タタリ村の写真や解説が流れる、そして投稿映像を流す。
タタリ村に訪れるカップル。
動物の死骸、廃屋、ぶら下がったイタチ。
奥に進むと石が重ねて置いてある、女の子が叫び出すと動かなくなる。
女の子の後ろから透明な手が出てくると姿を消す、遠くにいる女の子を追いかけるが追いつけない、橋の所に行くと立ち止まっていて追いつくが透明な手が口から出てきて橋から飛び降りてしまう。空から光る球体が飛んできて映像が終わる。

映像を送ってきた金子と話をしに自宅を訪ねる。
金子は喋らず挙動がおかしい、声を掛けるが「おい、市川、生首だけでやれると思ってんのか」と訳の分からないこと言いながら取り出した包丁で自分の首を切り始める。

小明がマネージャーからバラエティ的なノリで来たと伝えるが心外だと言い捨てる。
斎藤が全てを否定してくるが宇龍院は映像の事態を理解しているようだ。
タタリ村の過去が語られる。
そして心霊研究家の吉田により鶴屋南北の話が語られる。
タタリ村と言われる場所には戦時中地下に軍事設備があったと言われる。集落の呪術師と軍が取引をしたと思われる、争った文献が無くそう判断できると言う。おそらく兵器工場だった可能性がある、戦争が終わり全て焼き払われた。
その後電気会社がそこら一体を買い取ったようだ。
昔からUFOの目撃証言などが頻繁に起こる場所とも言われていた。

タタリ村に向かう斜面を歩く工藤達。
呪いのアイテムを持ってきた工藤と宇龍院が揉めるが斎藤があなた達呪いとか馬鹿じゃないかと否定する。
私有地で不法侵入じゃないかと言う斎藤に前払い金を返せば帰っていいよと言うと行くよと答える。

動物の死骸があった場所に石が積み重ねられている。
突き刺さった木の枝に動物の頭が大量に刺さっている。
このまま進むと誰か死ぬぞと言う宇龍院。
積み重なった石のゾーンに入ると動物の死骸が置いてある、斎藤の持ってきたガイガーカウンターも激しく動き出す。

斎藤は温度、湿度、放射線量、電磁波を測定する装置を広げる。
全て基準値でただの山だと話す。
小明は心霊とかじゃなくてカルト教団の場所じゃないかと話す。

宇龍院は祈りを捧げる、姿を現せと唱える。
何か集まってきていると言う宇龍院に何かじゃなく主語を言えよと突っかかる斎藤。
宇龍院はそっちにも何か反応があるはずだ気をつけろ、と言うと測定器の音が鳴り響く。
そして唸り声が聞こえてくる。小明の後ろから手が出てきて憑りつかれる。
憑りつかれた小明は「おに、うまれた」と言う。
小明の顔に複数の顔が重なる、斎藤の首を絞める。
工藤が呪いのアイテムを付けて殴ると小明は正気に戻る、そして呪いのアイテムが工藤の中に入ってしまう。
みんなが慌ててる中宇龍院が俺の中に入ってきたと小さくつぶやく。
空を見上げてあれがひじりかあれが神かと言い笑い出す。そして叫びながら走り出す。
工藤と斎藤と田代が宇龍院を追う。
木に血が付いている、血痕を追い宇龍院を探す。

市川と小明、音が鳴り市川が見に行くと、小明の口の中に手が見えて顔が歪む。市川が戻ると口から手が飛び出す。
小明と車に戻ると言い歩き出す。
工藤達は廃屋を探す、宇龍院を見つけたが首が千切れ飛び襲ってくる。

ズシンと音が聞こえる。急いで駆け降りる。
巨大な何かが見える。
車に辿り着く市川と小明、鍵が無くて移動できない。
そこに工藤達が合流する。
光の球体が現れ斎藤が歩き出す。
「ひじり」と言いながら振り向くと両目から血を流している。
黒いミミズが体を覆う。
小明が「ひじりがくる」と叫び飛び出すと消える。

会社で警察は取り合ってくれなかったと話す。
中止ですよねという市川にもう後戻り出来ない、完成させて世間に公表するんだと工藤は語る。

男を待ち伏せする工藤と市川、車に押し込む。
その男は元防衛省幹部だった。旧日本軍と野々村の事を質問する。
鬼神兵という存在の話をし出す、女性を基に呪術を加えて作るという、完成間近で中止になったと言う。
バッドを取り出し、何で知ってるのか詳しく話せと脅すが答えず殴打する。田代が発売できなくなると言うと海外で出すと言う。
観念した男は情報源を教える。

そして家に行き、鍵の掛かってないドアから勝手に家に上がる。
そして現れる老人。
村の資料を見せろと言うと箱を持ってくる。この包みは何だと聞くと、君らの見たいものが映っているフィルムだよと話す。
フィルムを映すと、巨大な女が上を向いている。
四谷怪談のお岩さんの目の腫れは鬼が宿った鬼貰いだと言う。
ある科学者の息子が細胞を人の形に戻したと言う。
その男は先生と名乗っていたと言う。

鬼神兵を作り黄泉の国へ連れてってもらい神になるのが目的だったと言う。喜んで資料を差し出したと話す。
そして老人も昔鬼神兵を作り出そうと若い夫婦と協力して研究していたが何者かに殺されてしまい計画はとん挫したと話す。
その夫婦は工藤というと言いながら写真を見せる。
これあんたの親だろ?この子供はあんただろ?
女の子だったら鬼神兵にするつもりだったと言っていたなあと話す。

工藤は写真を見て固まっている。
先生はやるべきことをやりに向こうの世界に行った、お前もやるべきことをやれという。
工藤は声が聞こえる時があるんだと言い出す、老人は 運命に従えって言ってるんだろ? と聞くと「運命に逆らえってな」と答える。
立ち上がった工藤は老人を殴り飛ばす、すると手に異変が起きる。
呪いの力でパワーアップしてると話す。

工藤「このままじゃ俺も市川も死んじまう、このままじゃ絶対死ねない、タタリ村に行って鬼をぶっ殺してやる」
タタリ村に再度入る3人。生首が無くなっている。
前から先生が歩いてくる。
バッドで殴る工藤、先生は話が通じない。こいつはもう人間じゃないと言いバッドで殴り続ける。頭が割れているが何も起きない。
工藤の腕に異変が起きる。市川がナイフを取り出す、死んでるなら何やってもいいですよねとナイフを突き刺すと何かか飛び出し工藤の顔を傷つける。
もう一度突き刺すとミミズが飛び出し異次元に入り込む。
異次元で市川が先生に掴まる、首を絞められ首がもげる。
工藤が市川のナイフを手に取り全部戻せと叫ぶ、そして外の世界に出るとそこには工藤の両親が居る。
両親に未来から来たことを告げる、驚くが受け入れ話す。工藤はおかしな研究は止めてくれと言うが止めないと答える、俺たちの成すべきことだから止めないと答える。
工藤は泣きながら両親をナイフで突き刺す。
父親は死に際にこれが成すべきことなんだろ、運命に逆らえと告げる。

首だけの市川が異空間へのゲートを開けている、これに入れという。
入ると橋の上に戻る。鬼神兵が歩いている、工藤の手がおかしくなり、もう抑えきれない俺は親も殺したしもう人間じゃないと言い巨大化して鬼神兵と戦う。殴り合うと鬼神兵と工藤どちらも消え去ってしまう。
田代が叫びながら近づくがどこにもいない。

田代が上空に巨人が現れたが何事もなく生活できている、工藤と市川は未だに行方不明だと言う。
天井に異空間のゲートが開き、市川と工藤が助けてくれと叫ぶ。

外に出て上空の巨人を映しEND

ネタバレあり感想

面白い!!めっちゃ面白い!!今までのコワすぎを凝縮した一本ですね!
タタリ村、投稿ビデオ、笑えるネタ、霊媒師、呪術、そして工藤の過去、両親、巨人。謎が全て繋がりホラー的な要素もありの工藤や市川の決断と様々な要素が絡み合って面白さ爆発!!

開幕の会社での小明の絶版ですネタは普通に笑いました。
普通に居そうだな、こういうアイドルっぽい人って感じでリアルでしたw

タタリ村に呪術アイテムを持ってきた工藤に宇龍院道元がバカなのか?と言い工藤がバカなんだよって返すやり取りおもしろかったです、めっちゃ仲良しやん。
そして死んでしまう宇龍院道元、めっちゃ好きなキャラクターでした、でも普通に憑依されて他の人と同じ感じに死んでくのもまたリアリティーあって良いですねー、霊媒師だろうがただの人間って言う事ですね。

宇龍院道元を探すときに斎藤が蹴られたり殴られ過ぎて途中から工藤さん工藤さんとめっちゃ下から目線になったのが面白かったですねw
斎藤自体はこういうの居たらうざいけど面白いなーって感じでしたね。

元防衛省幹部を拉致して殴って海外で出せば良いだろ、日本じゃ無理だ腰抜けばっかりだからなあ!ってセリフは監督の意思を反映してるのかもしれませんねw
工藤のとことんやるスタイルは見てて清々しいです。

工藤の両親の過去を知ってしまう、そして両親を泣きながら刺すシーンは泣けましたね。ああしなければ世界は終わってしまう。悲しい現実。
運命に逆らえってな!っていうセリフホントかっこいいですよね~!
コワすぎで1番好きなセリフです。

河童の池に出てきた巨人も鬼神兵の名残?で河童はその影響で現れたんですかね。色々繋がってきますね。

コワすぎシリーズは次でラスト!!
楽しみです!!

監督・キャスト

監督
白石晃士

キャスト
工藤仁:大迫茂生
市川実穂:久保山智夏
田代正嗣:白石晃士
宇龍院道玄:宇賀神明宏

斉藤雅彦:金子二郎
小明:小明
吉田経人:吉田悠軌
先生:藤原章
工藤仁の父:大蔵省
工藤仁の母:西山真來

他の映画や海外ドラマの感想はこちらです。
映画・海外ドラマ一覧表

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*