映画 ボーダーライン 感想 ダイスで決める人生

ボーダーライン
原題:Sicario
日本公開: 2016年4月9日
上映時間:121分

あらすじ

巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト。特別捜査官に召集され、謎のコロンビア人と共に国境付近を拠点とする麻薬組織・ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就く。仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した極秘任務、人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からなくなってゆく。麻薬カルテルを捕えるためにどこまで踏み込めばいいのか?法無き世界で悪を征する合法的な手段はあるのだろうか?得体の知れない悪を前に、知れば知るほど深くなる闇の行く末とは―。

こんな人にオススメ!

濃厚な軍事作戦が見たい人!
リアリティのある銃撃戦が見たい人!
ベニチオ・デル・トロ が見たい人!

ネタバレあり感想

面白い!!濃厚で純度の高い作戦を繰り広げる作品。
現実もこれくらいサクサクっと人が死んでくんでしょうね。
橋の上での銃撃戦のスマートさは凄く作品に引き込まれました。

銀行での資金洗浄から一気に動き出すストーリー。
バーで意気投合するが荷物から出たゴムに気づき襲われる。そのときに助けに来るアレハンドロのかっこよさが素晴らしい!
その時のいつものジョン・バーサルの血みどろの演技も安定感あっていいですね。大物から小物まで演じれる良い役者さんですね!

後半の外での暗視ゴーグルを使った演出がすごい。

洞窟を抜けてケイトがアレハンドロに銃を向けると2発撃たれ二度と俺に銃を向けるなと言われる。
アレハンドロが普通に銃撃ってきてびっくりしましたね。

地上に出てマットを殴る。メデジンについて聞くとマットが今回の目的について語りアレハンドロはコロンビアカルテルに雇われてる存在だとわかる。彼は復讐のためなら誰にでも付く、妻の首を跳ね、娘を酸に投げ込んだものを殺すためなら、敵はそういう連中だと話す。
それならケイトも撃つよなぁ、色々抱えてそうだったけど闇は相当深いようでした。

「神に召される時が来た」と妻と息子2人を撃つ。
ここまで来たらそうだよね、そうなるよね、、、
流れがスマートすぎてビビりますね、目的のためなら何でもするそういう存在になってるんでしょうね。

今回の任務は法規に沿ったものだったとサインしろとアレハンドロが現れる。サインを断るケイトの喉に銃を突きつける。
サインしたケイトはベランダからアレハンドロに銃を向けるが撃てない。
法の秩序を守るためにFBIになり戦い続けてきたケイト、そこから逸脱する行為を認められぞ拒否するが脅されてサインしてしまう、、、
ケイトの存在を否定されてしまう出来事でしたね。
この作品ケイトが主人公で動いていく作品かと思ったら中盤以降アレハンドロが主導権を握って動くようになりましたね。

海外ドラマホームランドのような見ちゃいけない世界の真実を目の当たりにしてるようなそういう作品でしたね。
素晴らしく面白い作品でした!おすすめです!

監督・キャスト

監督
ドゥニ・ヴィルヌーヴ

キャスト
ケイト・メイサー: エミリー・ブラント
アレハンドロ・ギリック: ベニチオ・デル・トロ
マット・グレイヴァー: ジョシュ・ブローリン
デイヴ・ジェニングス: ヴィクター・ガーバー
テッド: ジョン・バーンサル
レジー・ウェイン: ダニエル・カルーヤ
スティーヴ・フォーシング: ジェフリー・ドノヴァン
ラファエル: ラオール・トゥルヒージョ
ファウスト・アラルコン: フリオ・セサール・セディージョ
フィル・クーパーズ: ハンク・ロジャーソン
マニュエル・ディアス: ベルナルド・サラシーノ

他の映画や海外ドラマの感想はこちらです。
映画・海外ドラマ一覧表

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*