映画 バイオハザード: ザ・ファイナル 感想 ダイスで決める人生

バイオハザード: ザ・ファイナル
原題:Resident Evil: The Final Chapter
日本公開:2016年12月23日
上映時間:106分

あらすじ

人工知能レッドクイーンとの戦いに敗れ、瓦礫の中で独り目を覚ましたアリス。そんな彼女の前に廃墟のコンピューターを通じてレッドクイーンが現れ、48時間以内に人類は滅びること、そしてそれを食い止める方法を告げる。 敵からの思いがけない言葉に半信半疑のまま、アリスはラクーンシティへと向かう。 滅亡へのタイムリミットが刻一刻と迫る中、命を捨てて最後の戦いに身を投じるアリス。 やがて明らかになる、彼女にまつわる重大な秘密とは? 想像を絶するファイナル・ファイトの果てに見えるのは、希望か、それとも絶望か。

こんな人にオススメ!

ミラ・ジョヴォヴィッチが好きな人!
ゾンビが好きな人!
ゲーム原作の映画が好きな人!

ネタバレあり感想

映画バイオハザード最終作!しかし微妙!
バイオハザードV リトリビューションのエンディング後に敗北したらしい。
レッドクイーンが現れ私を止めてと言う。散布用抗ウイルス剤がラクーンシティのハイブにあると言う。
始まりの地へ向かう展開!ありきたりだが熱い!
でも確かに5とか見ると各研究施設に爆弾置いてあるのになんでここにはないんだろうって感じはありましたよね。後出し設定だからって言うのは置いときましょう!

アンブレラ兵を倒してバイクに乗るが電流が走り気絶してしまう。
起きた場所にアイザック博士が現れる。3で殺したのはクローンだった。
アリスを縄で繋ぎ走らせる。
戦車の上でアイザック博士と戦闘。手を切りバイクを認証させる。
ちょっと展開がハチャメチャ!アイザック博士の行動が謎ですね!
こんなイカれてるキャラだったっけ?ってなりました。

クレア達と合流する。
籠城してるエリアにアイザック達が大量のゾンビを連れて現れる。
ゾンビラッシュ!ゾンビラッシュだけどアンブレラの兵士も突入してくる!
普通に肉弾戦をするアリス。能力戻ってたはずなのに~・・・。
ハイブに向かうためにラクーンシティ跡地へ向かうそこには大量のゾンビ犬。
走って走って崖から水中にダイブ!!いやいやそこの情報ホントにあった?深さとか浅めだったら死んでるでしょ!なんでそんな無茶すんねん!

ハイブに侵入するがトラップ等でどんどん仲間が死んでいく。
入り方違うだけでこんな苦戦するのか。というかトラップのエグさがやばい。
これ普通に入れる人いなくない?

ウェスカーがアイザックの本体を起こす。
アリスはクローンで本物はアリシア・マーカス別にいた。
アリスとクレアはアイザックの前に辿り着き真実を知る。ドクの裏切りあうがアリシアがウェスカーにクビを宣告したことによりレッドクイーンがウェスカーを防火扉で挟む。
アイザックとの最終戦、アリスと同じ身体能力と予測能力を持っていて太刀打ちできない!ハイブの防衛装置を利用して隙を作り手榴弾を炸裂させ倒す!
でしょうね!って展開、アリスがクローンなのは最初から会った設定っぽい気がしますね。2の段階でアリス計画って言ってたのでそういうプロットはあったように感じます。
ウェスカーの退場の仕方がそれなの?!というかウェスカーまた立ち位置変わってるやん、これまたクローンなのかな、それで高速移動出来ない可能性あるね。
そしてラスボス戦、何度目だろう4回くらい出てる気がする防衛装置のレーザー!いや人気なの分かるけど出し過ぎではないでしょうか!
自分も好きなんですけど流石にまたこのパターン?!ってなりましたw

アイザックのクローンが自分がクローンだと信じずに発狂して生きていたアイザック本体を殺しゾンビに食われる。
ウィルス散布したがアリスは生きていてアリシアから幼少期の記憶を貰い、完全な人間になる。
このアイザックの因果応報は良かったですね、クローンを作りクローンに殺される。そしてアリスは戦い続けた結果人間になれるという終わり方は綺麗ですね。

終わり良ければ全て良し理論で作られた映画だと思いました!
前作のバイオハザードV リトリビューションの終わりの壮大さで期待してた分、敗北スタートする展開はちょっと残念でした、クリスもレオンも出て来ずクレア以外のキャラクターが薄味で見せ場もあまりないという演出が微妙でした。
恐らくソリッドシチュエーションホラーチックな雰囲気を出したかったんだと思うんですけど、もはやバイオハザード映画にそういうの求めていなくて純粋にアクション映画してくれたらよかったのにって感じでした。
監督はいつもの人なので結局やりたかった事、見せたかった事は大分前に終わってしまってるんでしょうね。
映画バイオハザードシリーズを全部視聴してくとどんどん面白さがダウンしていってしまってる印象を受けました。
バイオハザード1と2アポカリプスが最強です。
次点で3です。後はちょっと弱いかなぁ・・・、ゲームのネタを仕込んでくれててワクワクする展開もあるんですけどね。
でももしまたバイオハザードの映画が公開されたら間違いなく視聴します!
この映画は微妙ですが最後なので見ても良いかなって思う作品でした。

監督・キャスト

監督
ポール・W・S・アンダーソン
キャスト
アリス: ミラ・ジョヴォヴィッチ
クレア・レッドフィールド:アリ・ラーター
ウェスカー:ショーン・ロバーツ
アビゲイル:ルビー・ローズ
ドク: オーエン・マッケン
レイザー: フレイザー・ジェームズ
クリスチャン: ウィリアム・レヴィ
レッド・クイーン:エヴァー・アンダーソン
アレクサンダー・ローランド・アイザックス博士 :イアン・グレン

他の映画や海外ドラマの感想はこちらです。
映画・海外ドラマ一覧表

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*