映画 ハッピー・デス・デイ 感想 ダイスで決める人生

ハッピー・デス・デイ
原題: Happy Death Day
日本公開 2019年6月28日
上映時間 96分

あらすじ

9月18日月曜日。テレサ・ゲルブマン(ツリー)は同じ寮に住むカーター・デイヴィスの部屋で目を覚ました。この日はツリーの誕生日というおめでたい日であったが、昨夜のどんちゃん騒ぎで大酒を飲んでしまったため、ツリーの体調は優れなかった。そのせいか、ツリーはクラスメートに対して無愛想に振る舞った挙げ句、父親からレストランに招待されていたのをすっぽかしてしまう。ルームメイトのロリが作ってくれたケーキをゴミ箱に捨てたツリーは、いつものように既婚者でもあるグレゴリー・バトラー教授との不倫を楽しんだ。その夜、パーティー会場に向かっていたツリーは、トンネル内にオルゴールがあることに気が付いた。

こんな人にオススメ!

ループ系映画が好きな人!
スラッシャー映画が好きな人!
コメディ風味がある映画が好きな人!

ストーリー

1度目の目覚め
男子寮で目覚める、カーターと会話し女子寮に戻る、ロリに誕生日祝われカップケーキを渡される、しかしそれを炭水化物は取らないと言いゴミ箱に捨ててしまう。ロりにこんなことをしていると報いが来るわと言われる、ツリーは余計なお世話と返す。
部屋でダニエルと話していると一瞬停電する。
トンネルにオルゴールが置かれている、見ていると後ろからマスクの男が現れる、話しかけるが反応が無く姿を消す。
トンネルを抜けるとオルゴールが再び鳴り上からマスクの男がナイフを持って降りてくる、そして刺される。

2度目の目覚め
全く同じことの繰り返し、誕生日のカップケーキは机の上に置く、ブレスレットが返されず少し何かが違っていくことに気づく。
部屋で母との思い出の動画を見ている、外に出てトンネルに向かうとやはりオルゴールが置いてある、今度は進まず寮に帰る。鍵が掛かっているがドアが開くとそこにはマスクの男が現れ殴り飛ばす、しかしそれはサプライズパーティーだった。殴った男ニックにナンパされ部屋についてくツリー、鏡を見ていると後ろからマスクの男が現れる、しかしそれはニックだった、大音量で音楽をかけ踊るニック、呆れてケータイを見ているツリー、その時部屋にマスクの男が入ってニックをめった刺しにする、ケータイから顔を上げるツリー、もうそういうのは良いからと言うが血の付いたナイフを見て察する。
襲われるツリーそのままナイフで刺される。

3度目の目覚め
ロリにループにハマっていると打ち明ける、母の命日だから不安定になってるだけと諭される、部屋中の鍵を閉め扉もロックしTVを見ている、リモコンが無く探していると黒い手紙を見つける。明日はない今日を楽しめと書かれている。
TVが消され部屋の中の扉が開いている、クローゼットを調べ何もなく、洗面所を調べようとしたときTVがつく、TVに寄ると後ろからマスクの男が現れ刺される。

4度目の目覚め

目覚めて外に出るパニック状態になってるツリー、忘れ物を届けに来たカーターに助けを求める。カフェで真剣に聞くカーター、犯人候補を死に続けながら追跡して犯人を特定しようと話す。そして死ぬ。

5度目の目覚め
リストから候補者を追いかけ消していく、覗いてる最中に刺される。

6度目の目覚め
ダニエルが黒い手紙を置いたのが判明してもみ合いになる、道路に飛び出し二人とも車に引かれる。

7度目の目覚め
全裸で寮を出るツリー、トンネルで待ち伏せしてバットで殴るが人違いで後ろから現れたマスクの男にバッドで殴られ死亡。

8度目の目覚め
カーターの部屋で目覚め扉を開けると意識を失う。
カーターの声で病院のベッドで目覚める、その後不倫相手になってるグレゴリーが一瞬の停電と共に現れる、レントゲンを見ると普通は死んでる外傷の形跡があると言われる。
ベッドから抜け出すツリー、車のカギを探しにグレゴリーの部屋に行く、鍵置きの下にマスクを見つける。
廊下でグレゴリーに会うがその後ろからマスクの男が現れグレゴリーは刺される。駐車場まで逃げるツリー、隠れながらグレゴリーの車に間一髪間に合い逃げ出すことに成功する。叫びながら走ってるとパトカーに止められ安全な牢屋に入れてもらおうと飲酒してドラッグもやってると言う、逮捕されるツリー、パトカーに乗せられた瞬間マスクの男の車に警察官がはねられてしまう。
顔を見せろと言うツリーを無視し車に火をつけ死亡する。

9度目の目覚め
喫茶店でカーターと話すツリー、どうせ忘れるからと屁をする。TVから犯罪者が情報が流れてくる、病院に搬送されてるらしい。それを見たツリーはあいつだったのね、と言い走り出す。
病院に行く、病室に警備員が入っていく、それを見たツリーは防災用のオノを取り出す、しかし犯人は警備員から銃を奪っておりツリーは逃げ出す。
ツリーを救おうとカーターが割って入り殺されてしまう。
犯人を倒すことに成功するがカーターが戻らないと言い犯人に「また会いましょう」と告げ首つり自殺をする。

10度目の目覚め
ツリーは晴れやかな気分で寮の外に出る、ロリに今までの事を謝罪する。
グレゴリーにももうこの関係は終わりと告げる。
ダニエルに嫌味を言われてた女性を救う、そしてカーターに誕生日を祝ってくれと話す。
父に会いに行く、父に謝罪し和解する二人、ハッピーバースデイ。
部屋で武装するツリー、病院に向かう。
警備員から銃を奪い応援を呼ばせる、犯人に銃を撃とうとするが安全装置が付いており撃てない、襲われるツリー、倒されるがその時、腕時計のアラームが鳴り一瞬停電する、犯人の背後には銃を持ったツリーが居る、安全装置は外してると言い犯人を撃つ。
全てが終わり部屋でカーターと誕生日を祝い、ロリのくれたカップケーキを食べる。

11度目の目覚め
目覚めるとまた繰り返していた、動揺するがカップケーキに毒が盛られていると気づくツリー。
ロリにカップケーキを食べさせようとするが拒否されそれなら警察に持っていくと部屋から出ようとするとロリが襲ってくる、激しくもみ合いになりながらもロリの口にカップケーキをねじ込み、離れたところを飛び蹴りを食らわせ窓の外に蹴りだす。
ループが終わり19日の火曜日がやってくる。
END

感想

面白い!!!めっちゃ面白い!!ただのスラッシャー映画かと思ったら全然違います!笑いあり、涙ありのツリーの成長劇です!!
どうせループするしみんな忘れるからとやりたい放題し出す時のBGMのノリノリっぷりや改心して寮から出る時のノリノリ感で楽しく見れます!
ツリー役のジェシカ・ローテもめっちゃ良い表情の演技してくれて面白いです!

素行悪すぎて犯人候補が多くて絞れないけど割と早く違うってわかるのでサクサク話が進んできます!
思い返せばフラグいっぱい!グレゴリーが犯人かと思ったんですけど全く当たらなくて怪しい演技が上手いだけの人でしたね、、、w
そして3度目の目覚めの時にリモコンないし、あの状態の部屋に入れるのってロリだけやんって見終わった後思いました、まあ犯人の存在がよくわからなかったからサラっと流してしまってましたねー!

最初から最後までダレることなく進んでく良質な映画です!、題材はミステリーホラー系だけどそういうのが苦手な人でも楽しんで見れそうな良質な映画だと思います!!

監督・キャスト

監督
クリストファー・B・ランドン

キャスト

ツリー: ジェシカ・ローテ
カーター: イズラエル・ブルサード
ロリ: ルビー・モディーン
ダニエル: レイチェル・マシューズ
グレゴリー・バトラー: チャールズ・エイトキン


他の映画や海外ドラマの感想はこちらです。
映画・海外ドラマ一覧表

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*