映画 ワウンズ:呪われたメッセージ Netflix 感想 ダイスで決める人生

ワウンズ:呪われたメッセージ
原題:Wounds
日本公開2019年10月18日Netflix配信




  • あらすじ
    ニュー・オーリンズ、ある日の夜、バーテンダーのウィルは客同士の喧嘩に遭遇した。騒ぎの後始末をしていると、ウィルは客の一人が忘れていったと思しき携帯電話を発見した。ほどなくして、その携帯電話に謎のメッセージが送信されてくるようになった。

全体の感想
Netflix配信のホラー映画は基本的に見るようにしてるんですけどこれはなんともまぁ外れ感ありましたw、特に脅かす仕掛けもなく、不安に思わせて徐々に蝕み気づいたら取り返しのつかない事になってる感じの映画。
しかし序盤のケータイの動画は結構えぐいホラー感あるのでそこまではぜひ見てほしいですね。

こんな人にオススメ
新作ホラーが見たい人
ゴキブリが好きな人
憑りつかれる系が好きな人
不穏な空気感が好きな人

ストーリー

主人公ウィルが働くゴキブリの這うバーでアリシアとジェフリーが飲んでいる、アリシアは常連のようだ、大男のエリックが現れその仲間の男たちもやってくる。そこに未成年らしき団体が入店してくる。
エリック仲間が喧嘩をしエリックが顔に大怪我を負う、その時若者グループのテーブルを壊す、警察を呼んだと言うとみんな帰っていき、店内を掃除していると壊れたテーブルに携帯が落ちていた。

家に帰ると拾った携帯にメッセージが来る。
「誰かがここにいる」「あの本」「トンネルで拾った」
ウィルがバーで拾ったとメッセを送ると助けてと言われる。
携帯を見ていると家にもゴキブリが出てくる。

朝起きると携帯にメッセが来ている、血と大量の歯の画像が張られていた。
バーに着くとサイドミラーからこちらを見ている黒い車が居る、近づくと走り去っていく。

エリックの事が心配で見に行くと、顔には大きな傷が病院には行けないと言う、ウィルに行かないでくれと言いしばらく看病する。

家に帰るとキャリーはおらず、またしてもメッセが来る、「彼もあの写真のようになれるかもね」
携帯のフォルダーを見ていると男の遺体が写っていた、スライドさせると今度は生首になっている、動画もあり見ていると白骨化気味の生首が徐々に動いている、そして頭の傷から手が出てきて終わる。
そこでキャリーが帰ってきて動画を見る。ギャレットに電話するがノイズが鳴り響き倒れそうになる。

警察に携帯を渡そうと車で走ってるとメッセが来る「君は選ばれた、携帯を返してくれ」見終わると腕に大量のゴキブリが這っていた、慌てて車を止めるが何もいなくなっていた、落とした携帯を拾おうとするが黒い車が回収していく。

バーでアリシアと飲み公園へ行くが振られてしまう。そうしてるとキャリーから電話と写真が送られてきた、急いで帰るとキャリーがPCで何かを見ている、写真を送ったかと聞くと覚えていないと言う。
夢でギャレットに憑りつかれている、それは寝室で君を見ていると言われる。
目覚めて洗面所へ行き鏡を見ていると脇から手が出てくる、慌てて確認すると無くなっていた。

キャリーがよくわからないことを言っている、不審に思ったウィルはキャリーのPCを見る、傷の翻訳書、グノーシス主義、ウィルにはよくわからない単語が並んでいた。

バーでアリシアを巡りジェフリーと喧嘩してるとキャリーからメッセが来る
「何かがここにいる」、慌てて家に帰るとPC前で固まってるキャリー、部屋の中に何かが居る気配がすると電話が鳴る、泣き出すウィル。
キャリーを浴槽に漬けると水が真っ赤になる、そして正気に戻る。
キャリーは写真は送っていないと言う。
PCの画面に映ったトンネルのような動画、奥には目がある。

エリックの部屋へ行く、贈り物を届けようとしたが帰っただろうと問いただすと命令されたと言う、贈り物はあの携帯だった。
ギャレットに電話をかけるとまたあのノイズが鳴り響く、エリックの顔が膨れ上がり周囲からゴキブリが大量に湧いてくる
ウィル「俺を一つにしてくれ」
口を開け傷口に近づく。
エンド

感想
ゴキがえぐい!!!
日本と違うタイプだからまだ見れるけども、ゴキがえぐい!、最後の大量のゴキがカメラに乗ってくる描写うわあああってなった、アリシア達のパートいる??ってなっちゃったりなんかありそうでないシーンが多くて低予算で頑張っただけの映画って感じになってましたね~、きっかけ作った若者グループやらと絡んだりトンネル行ったりしてほしかったなー
長い映画ではないのですんなり見れるけどちょっと弱かった、そんな映画でした。

監督 ババク・アンヴァリ

キャスト

ウィル:アーミー・ハマー
キャリー:ダコタ・ジョンソン
アリシア:ザジー・ビーツ
ジェフリー:カール・グルスマン
エリック:ブラッド・ウィリアム・ヘンケ


他の映画や海外ドラマの感想はこちらです。
映画・海外ドラマ一覧表

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*