映画 ラ・ヨローナ 泣く女 感想 ダイスで決める人生

ラ・ヨローナ〜泣く女〜
原題 The Curse of La Llorona
日本公開
2019年05月10日

  • あらずじ
    1970年代のロサンゼルス。不可解な死を遂げた子供の母親が、不吉な警告を発する。しかし、それを無視したソーシャルワーカーのアンナ(リンダ・カデリーニ)と彼女の子供たちは、ほどなくしてある女の”泣き声”を聞いてしまう―。その日を境に数々の恐ろしい現象に襲われることとなった家族は、教会に助けを求めるが、そこで語られたのは、呪われたすすり泣く女”ヨローナ”の存在だった―。ヨローナはプールやバスタブ、トイレであろうが、水のある所に現れる。果たして家族は逃げ場のない恐怖から逃れることはできるのか―。

  • 全体の感想


シンプルにホラー
王道的な展開で進んでいく、ストーリーもどこかで見たような感じに意外な展開はなく予定調和な流れが続く、、、が!見せ方が素晴らしく93分と短いので飽きずに見終われます!


  • こんな人にオススメ

死霊館シリーズが好きな人
心霊的なホラーが好きな人
子供の危機を救うところが見たい人






  • ネタバレ感想


訪問した家
開幕から不穏さMAX
絶対お母さんやらかしちゃうやつじゃん!
その扉絶対開けちゃダメじゃん!でも開けなかったら5分でEND!
そこからの病院での初ラ・ヨローナ襲撃の見せ方怖かったですね~
こういうのが良いんですよ!

主人公一家に憑りつく
展開が早い!そして車内の攻防やってること単純だけどドキドキしちゃう

教会の神父
この映画は死霊館シリーズだと知らずに見始めてまして、どっかで見たような神父がアナベル人形の回想挟んだ時に知ったんですよ
めっちゃ得した気分になりましたw

ラファエル
もうね、こういうキャラ好きなんですよ
道から逸れちゃったけど信仰心は変わってないし信頼され続けてる
そんな立ち位置

最終戦
今までの
ラ・ヨローナのパターンを踏まえつつ、砂によるバリアや聖水による攻防
そして冒頭の子供を失った母親の襲撃、ラ・ヨローナより怖いまでありますよね、物理と精神攻撃のWアタックでドキドキ感MAX!!

ペンダント
ラ・ヨローナが身に着けていたペンダントを奪い取る主人公お母さん
うん?奪い取れるの?!えっ新しくない??
物理的な存在なの?!!えええ??未だに新鮮さな驚きをくれるホラー映画は楽しいですね!

オチはよくあるやつで倒して、そこからの子供とラファエルの冗談の言い合いにほんわかしてハッピーエンド!

93分と短めながらにTHEホラーな要素がふんだんに盛り込まれた面白い作品でした!



監督マイケル・チャベス
  • アンナ・テイト=ガルシア:rリンダ・カーデリーニ
  • クリス・ガルシア: ローマン・クリストウ
  • サマンサ・ガルシア: ジェイニー=リン・キンチェン
  • ラファエル・オルヴェラ:レイモンド・クルス
  • パトリシア・アルバレス:パトリシア・ヴェラスケス
  • ラ・ヨローナ: マリソル・ラミレス
  • クーパー刑事:ショーン・パトリック・トーマス
  • ペレス神父:tトニー・アメンドーラ
  • エイプリル: マデリーン・マックグロウ


他の映画や海外ドラマの感想はこちらです。
映画・海外ドラマ一覧表

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*