映画 エルカミーノ ブレイキング・バッド THE MOVIE Netflix ダイスで決める人生

エルカミーノ ブレイキングバッドTHE MOVIE
原題:El Camino: A Breaking Bad Movie
日本公開2019年10月11日
Netflix




  • あらすじ
    監禁場所から逃げ出したジェシー・ピンクマンがやるべきことはただひとつ

  • 全体の感想
    ブレイキングバッド続編でどんな映画かと思ったらドラマの後すぐのお話だったんですねー、過去話で色んなキャラが出てて嬉しさもあったけどお話自体はちょっと微妙かなー、銃撃戦は熱かったけど求めてたのと違う形の映画でした。
    それと俳優陣太り過ぎでは?ってなっちゃいました。


  • こんな人にオススメ
    ブレイキング・バッドを見てる人
    ベターコールソウルを見てる人
    アーロン・ポールのファンの人






  • ネタバレあり感想
    ネトフリで見始めてると総集編から始まり懐かしいな~っと思い見ているとマイクとジェシーの会話
    マイク「アラスカへ行け、だが過ちは正せない」
    この映画の展開を暗示しているのか?

    そしてなんと車で走り去るブレイキングバッドのエンディング直後からスタート
    スキニーの家に行きバッジャーとスキニー保護してもらう
    二人の何とも言えない表情が印象的でした。

    ジェシーがスキニーに問う
    ジェシー「どうしてここまでしてくれる?」
    スキニー「あんたは俺のヒーローだ」
    めっちゃかっこいいこと言う、しかしごめんそういう流れになるエピソード覚えてない、、、スキニー絡みのイベントってなんだっけ、、、

    監禁された時の話
    トッドは叔父のジャック達が居ない間にジェシーを監獄から出す
    ジェシーに自分の部屋で死んでる家政婦の死体の処理を手伝わせる
    ジェシー「この女は何をした?」
    トッド「何かしたわけじゃない」
    そう言い金の入った本を片付けさせる
    現代に戻りジェシーはトッドの部屋に入り隠された金を探す

    今度は女の死体を埋めるシーン
    ジェシーは死体を埋めた後ダッシュボートから物を取る時銃を見つける、それを手に持つが撃たずに泣きトッドに説得される

    このシーンのジェシーは色々され過ぎて抵抗できないくらい心を操られちゃった状態で何もできなくなっちゃってたのかなぁ
    見てるこっちが泣きそうだった、、、
    それとトッドってこんな感じだったっけ?もっと頭足りない感じの人だった気がするんだけど、、、

    トッドの部屋
    冷蔵庫から金を見つけた時警察官が二人入ってくる
    そして見つかるが警官殺しはしたくないと抵抗するのをやめる
    しかし、その二人は警察官ではなかった、金の場所と引き換えに自由になるジェシー、銃を突き付けられながら金を袋に入れる
    外に出て車に乗る時に見たキャンディ溶接会社の車、男が「思い出したか?」という

    ドッキドキの展開マットの裏から出てくるジェシー
    銃突きつけられながら表情一つ変えず言いくるめる対応力
    ジェシーこんな感じだったっけ?


    運び屋
    道を走ってると見たことのある車を発見する
    掃除機や店主に金を見せもう1度取引してくれという
    しかし金が足りず追い返そうとするも帰らないジェシー
    警察を呼ぶ店主、それはハッタリだというジェシー
    本当にパトカーが現れ慌てて出ていく

    過去に人生を変えるチャンスが来たのにフイにしちゃったんだよね、あそこで逃げてれば監獄に入らず地獄は見なかったかも、、、
    あの時は確かソウルの助手がたばこのすり替えしてるのに気づいて襲いに行ったから乗れなかったんだよね、、、

    パトカー現れた時の慌てぶりはさすがに笑いましたw


    キャンディ溶接会社
    足りない金を手に入れるためにキャンディ溶接会社に乗り込む
    コンパニオンたちが帰った後、銃を取り出し部屋に入る
    しかしジェシーは1800ドル恵んでくれと交渉する
    男が西部劇のように撃ち合い金を総取りしようと提案する
    隠し持ってた銃で殺し、そのままもう一人の男とも撃ち合う
    キャンディ溶接会社を爆破し走り出す。

    悪になりきれない男ジェシーって感じでしたね
    銃撃戦は熱かったですね、全然当たらない!
    リアル思考!

    ウォルター
    ウォルターとの会話
    時期的にメス作り始めたとこかな?
    この頃はまだ子供のジェシー、優しいお父さんウォルターって感じでしたね、こっから人生狂ってくジェシー、自分の本性を曝け出すハイゼンベルクになっていくんでしょうね

    アラスカへ
    金を手に入れたジェシーは運び屋にアラスカに連れていかれ新しい身分を手に入れる
    走り出す車、隣には薬で死んだジェーン
    エンディングへ

    ジェシーは最後のシーンのようにジェーンと二人でただ生きたかったのかもしれませんね

    メス製造に手を出したがゆえに狂った人生を歩んでしまったジェシー
    やっとここで再スタートをきれるはず。

    とりあえずもっかいブレイキング・バッド見直そうと思いましたw
    覚えてないエピソード結構あるな~って思いました、まぁドラマはウォルターにスポット当たってる話が多かった気がするんでしょうがない気もしますけどねw



    監督 ビンス・ギリガン

    キャスト
    ジェシー・ピンクマン アーロン・ポール



他の映画や海外ドラマの感想はこちらです。
映画・海外ドラマ一覧表

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*