ウォーキング・デッド シーズン10 第2話 終末の始まり  ダイスで決める人生

ウォーキングデッド S10 
第2話 終末の始まり


Huluでついに配信されたウォーキングデッド最新話のネタバレあり感想記事です!

  • あらすじ 7年前、まだ二人きりだったアルファとリディアは、その時からウォーカーの内臓を体に塗り、群れと行動を共にしていた。ある時、リディアは人が食べられているのを目の当たりにして群れの中で叫んでしまう。危ない所で逃げ込んだ建物の中で大男、後のベータと出会う。そして現在、ヒルトップの門前に赤ん坊を置き去りにさせられた若い女性はトラウマを抱えていた。そんな彼女の姉は妹をアルファに不誠実だと責めていた。

  • ストーリー&感想

母親と娘
クラクションが鳴り響く、出来てきた女性が噛まれる。
アルファとリディアはウォーカーの振りをしていた。
噛まれてる女性を見てリディアは叫んでしまう

現在
ウォーカーの群れ、ガーディアンズを再結成させようと話すベータ
そしてアルファが注目する姉妹が居た。

ウォーカーの群れで泣き出す妹、ベータが助けるが拠点で処刑しようとする。
それをアルファが止める。

リディア
死を語るアルファ、リディアはおもちゃはいらない、ママみたいになりたいと言う、感動するアルファ、ママというのは辞めてと言う。

マスク
騒ぎ立てた妹を連れていきマスクを取らせ跪かせる。しかし何もせず頭を撫で許す。妹はありがとうと感謝をする。

ベータ
何故処刑しないか問うベータ、次は生きたまま皮をはぐと言うアルファ、しかしベータは他の町を見た仲間が噂していて結束が揺らぎ始めてるのを心配している。
過去に戻り、アルファはベータに「この世界には2種類しかいない、死人と歩けるものかそうでないか」そう語る。

姉妹
群れで動いていると目の前にはベビーバッグを付けたウォーカーが居る。
それを見た妹がヒルトップに置き去りにした子供を思い出し、マスクを脱ぎアルファを襲う、しかし姉に邪魔されウォーカーに殺されてしまう。

アルファとベータ
アルファは穏やかな気持ちだと語る、それを聞いたベータが仲間を3人失い群れも失ったと言う、しかしアルファは姉を指さし無秩序の中に明らかになった、彼女は恐れないと言う。

過去
アルファは目覚めるとリディアが居ないことに気づく、探し回るうちにリディアは扉を開けウォーカーを出す。

ベータとアルファ
娘を隠していたのか、俺に嘘をついたのか!と叫ぶ。
アルファはあの娘は私の可愛い娘だ、殺せなかったと語る。
あの子は私と違う!激昂し暴れまわるアルファ。

過去のベータとアルファ
ベータの大切なウォーカーをアルファが殺す、それに怒り襲ってくるが、リディアに「ママはあんたを救おうとしてる」と言われ手を止める。
リディアを抱きしめるるアルファ「もう絶対私から離れないで」という。
ベータとアルファはわかり合い、ベータは大切な人の顔をはぎ取りマスクを作る。

現在
奴らは境界線を越えた、集団に監視させよう。

我らは闇を歩き
我らは自由
我らは血を浴び
我らは自由
我らは何も愛さず
我らは自由
我らは何も恐れず
我らは自由
我らに言葉は無用
我らは自由
我らは死を歓迎し
我らは自由
これは世界の終わり
今は世界の終わり
我らは世界の終わり

エンド


今回は囁く者達のアルファベータリディアの過去でしたね!
もう既にあの時代でもアルファは壊れてる感じがしましたね、愛しすぎてわからなくなってるのか?それにしてもアルファは群れの中よりも過去の方が怖い感じがしますね、リアルすぎる感じ?こういう危ない人っているよね、たぶんってなる。
ベータも最初の段階でおかしい感じってより大切な人が噛まれておかしくなっていったんだろうなって感じでやっぱりウォーキングデッドのキャラはみんな最初こうなる前は普通の人だったって言う感じがにじみ出て良いですよね
そして最後にあの詩、あれは次回に向けての始まりを指してるんですかねー!
次回もワクワクしてます!
それではこの辺で終わります!


キャスト
アルファ:サマンサ・モートン

ウォーキング・デッドまとめページ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*