【Netflix】 サイトレス 感想 ダイスで決める人生 【映画】

作品概要

サイトレス
原題:Sightless
日本公開:2021年1月20日Netflix配信
上映時間:89分

あらすじ

ある日突然襲われ、失明してしまった女性バイオリニスト。世話係として男性介護士が派遣されてくるが、やがて彼女は何かがおかしいと疑念を抱くようになる。

こんな人にオススメ!

斬新なホラー演出が見たい人!
目が見えない恐怖感を味わいたい人!
正統派サスペンス映画が見たい人!

ネタバレあり感想

面白い!!シンプルな設定ながら演出で恐怖を掻き立てていきます!
何者かに襲われて失明して病院のベッドで目覚める所から始まる本作。
襲ってきた犯人が何者なのかを探っていく作品なのかと思いきや、そんな単純なストーリーにはなっておらず非常に面白いです!

介護士クレイトン役のアレクサンダー・コックは海外ドラマのアンダー・ザ・ドームでジュニア役をやっていた人です!最初見覚えはあるけど誰だったっけな~と思い出すのに時間が掛かりましたw。

二転三転する展開!

自分はサスペンス映画系を見る時は、ある程度犯人を雰囲気と流れで決め打ちしてる状態で見ています。
なのでこの映画の冒頭の流れを見た時に、これ介護士のクレイトンが自分でエレンを介護するために襲ったんでしょって思っていました。

家族とか友達と連絡とれないのおかしくない?と思っていると、隣人にDV被害者と思われるラナが現れる。
夜に隣で暴力を振るわれているような音を聞いてしまい、クレイトンに相談する。

あれれ、まさか隣のDV野郎からラナを救う話になっていくんか?!そういう映画?とストーリー展開が読めなくなっていきました!
そう思っているとエレンがガスマスクの人物に家の中で襲われる!

しかし救命士に外傷は無いと言われ警察官には、失明したショックで混乱しているだけだと言われてしまう。

自分の事も信じられなくなり、遺書を書いてベランダから飛び降りてしまう。目覚めると周りは吸収材で囲まれており、自分がおかしいのではなくこの場所がおかしいと判明する。

あれーーー!クレイトンだけじゃなくて周りも全員グルパターンか!
手が込んでるな。でもどういう目的なんだろうか。
この辺りで謎が深まってきてワクワクがピークを迎えます!

犯人発覚!

犯人は当然クレイトン!しかしそれだけじゃなく、救命士も警察官も隣人のDV旦那も全てクレイトンが演じ分けていただけだった!
そして病院のベッドも全てこの場所に設置されていた。

ラナはクレイトンの妹で、自分には兄しかいないため協力していると話す。
エレンを助けたいと思った理由はクレイトンを救ってくれたからだと言う。
クレイトンはエレンの楽器演奏を聴いて救われエレン本人を欲するようになったとわかる。

エレンはクレイトンに自分が失明していた原因になった薬剤を吹きかけ、ラナに案内してもらい建物から脱出する。
劇場でヴァイオリンを弾こうとするエレンが映りEND。

全部クレイトンパターンか!なるほど!動機もやり口も納得でした!
見えないからイメージと雰囲気で形作ってしまってたんですね。
そこにいるのが誰かわからないシーンも何度かあったのがフラグだったんですね。
エレンは最初からどこにも移動してなかったと言うのが結構衝撃でしたね。でもそれで家族や知り合いに電話しても繋がらない理由がはっきりしましたね。

最後のシーンでもエレンが失明したままだったのはびっくりでした!脱出後に病院行って適切な治療受けて治ったパターンも想像してたので、失明したままって言うのは結構残酷だと思いました。

まとめ感想!

良い感じのサスペンススリラーでした!
ストーリーもしっかりしていてとても良かったです!
ホラー演出で目が見えない為に最初に写っている人物が急に変わったり、人が急に現れたり、エレン中心の視点だからこそ出来る演出がとても素晴らしかったです。

何度もびっくりしました!エレンに共感してみているとかなり怖い世界観のストーリーだなと思いました。
最終的にクレイトンに同じ目に合わせて倒したり、終わり方も好きです。

ネットフリックスで配信中の映画サイトレスは、非常に面白いサスペンス映画でした!

監督・キャスト

監督
クーパー・カール
キャスト
エレン:マドレーヌ・ペッシュ
クレイトン:アレクサンダー・コック
ラナ:ディセンバー・エンスミンガー
ルッソ:リー・ジョーンズ

この映画が好きな方にはこちらもオススメです!

他の映画や海外ドラマの感想はこちらです。
映画・海外ドラマ一覧表

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*